idyllicocean

Your cruise ship portal

海と船の情報ポータル
ログインしていません。You are not logged in.
ログイン (Sign in) 登録 (Register) マイル (N. Miles)
クルーズシップ検索


idyllicocean OCEAN BLOG

検索 (Words):
記事表示順序 (Sort Order):
トピックのカテゴリを選べます


在りし日の「ふじ丸」船内紹介 [乗船記] [pid: #382]

1998年、三井の船旅ファンの集いのイベントで、「ふじ丸」の船内見学に招待いただいた際に撮影した写真の数々をここで紹介したいと思います。

ご存知の通り、「ふじ丸」は日本の日本の新造クルーズ客船の先駆けともいうべきクルーズ客船で1989年に三菱重工にて建造された船です。総トン数は23,340トン、全長も167.0Mと決して大きいクルーズ客船ではありませんが、まだクルーズという旅のかたちが出始めたばかりの日本では、戦後初めての新造クルーズ客船として華々しくデビューした客船でした。

といっても、運航会社の商船三井客船は「ふじ丸」以前にも「新さくら丸」などの客船を運航し続けており、「さんとす丸」、「あるぜんちな丸」などから続く客船運航に関わるノウハウを100年以上も守り続けてきました。そのため、日本最大のクルーズ客船を運航する郵船クルーズの初代「飛鳥」が就航していた当時でも、クルーズファンからは「クルーズは食事の美味しいMOPASがいい」という話をよくお聞きしたものです。

こちらの記事ではそんな「ふじ丸」の船内の様子、そしてオープンデッキの様子などをご紹介したいと思います。なお、この「ふじ丸」は既に商船三井客船での運航を終了し、その後日本チャータークルーズにより暫く運航されたのち、パナマのMIRA CRUISEに売却されて 高齢者向けの療養客船「MIRA 1」として運行される予定だったものの、2018年現在「MIRA 1」の船名のまま広島の常石造船で係留されています。

こちらはスーペリアルームになります。広さは20㎡ほどの窓側のキャビンで5・6階に設置されています。奥のソファをベッドとして使用することができるので最大3人まで収容できたようです。キャビンにはシャワーとトイレがついてます。

スーぺリアルームは船体構造物により、窓からの視界の妨げられ、スーペリアAは0~20%、スーペリアBは30~40%ほど視界が妨げられるます。

奥にはちょっとしたデスクスペースとボックス型テレビが見えます。手前左側にはクローゼットが設置されています。ベッドとソファ部分はカーテンで仕切ることができるようになっていたようですね。

こちらはデラックスルームになります。広さは25㎡ほどの窓側のキャビンで6階に設置されています。こちらのクラスからバス・トイレ付きの客室になります。

デラックスルームは船体構造物により、窓からの視界の妨げられ、デラックスAは0~20%、デラックスBは30~40%ほど視界が妨げられます。

キャビンのインテリアや調度品が少し古めの感は否めませんが、快適そうなお部屋ですね。商船三井の伝統の花毛布がおしゃれです。

こちらはスイートルームになります。ふじ丸最高クラスのキャビンで広さは85㎡ほど。窓側の6階に設置されています。

ゆったりとしたソファのおかれたリビングルームがベッドルームとは別に備わっています。