idyllicocean

Your cruise ship portal

海と船の情報ポータル
ログインしていません。You are not logged in.
ログイン (Sign in) 登録 (Register) マイル (N. Miles)
クルーズシップ検索


その他

検索 (Words):
記事表示順序 (Sort Order):
トピックのカテゴリを選べます


[1] 「さんふらわあの唄」新アレンジ [その他] [pid: #381]

by rapidliner01
2018-09-14 21:32:26 (aid: #842)

2018年2月、YouTubeのフェリーさんふらわあ公式アカウントにて、「さんふらわあの唄」の新アレンジ版がアップロードされました。(歌:重住ひろこ)
https://youtu.be/Z5tj2xvVo3I

また、現在フェリーさんふらわあ船内にて、同曲のCDが販売されているようです。
↓フェリーさんふらわあ公式Facebook
https://www.facebook.com/ferry...4395602440

[2] 「環境フラッグシップ 船内見学会 at 横浜大さん橋」 [その他] [pid: #324]

by idyllicocean
2016-01-27 07:44:48 (aid: #515)

川崎汽船が「環境フラッグシップ 船内見学会 at 横浜大さん橋」を開催する。このイベントでは先進の環境性能を持つ7,500台積みの大型自動車運搬船の船内見学ができる。日付は2016年2月12,13日。申し込みは下記から。
http://www.kline.co.jp/news/de..._1454.html

[3] idyllicocean メンテナンスのお知らせ [その他] [pid: #314]

by idyllicocean
2015-11-20 01:25:20 (aid: #503)

idyllicoceanはより系統だった仕方で船舶情報を検索できるようメンテナンスを行っております。
*イベント情報投稿画面が新しいものに切り替わりました。これによりイベントから直接船舶情報への閲覧ができるだけでなく、船舶情報からイベント情報への閲覧もシームレスにできるようになります。
*レポート、画像投稿画面も順次更新する予定です。作業中はときどきつながりにくくなることがあると思いますがどうぞご辛抱いただきたくよろしくお願いいたします。

[4] コスタクルーズ (Costa Cruises)概要 [その他] [pid: #306]

by idyllicocean
0000-00-00 00:00:00 (aid: #491)

Costa Crociere (イタリア語でCosta Cruises)は1860年にGiacomo Costaがオリーブ油のビジネスをはじめたのがはじまり。1924年にGiacomoが亡くなると息子のFederico EugenioとEnricoがビジネスを継ぎ、輸送費を節約するため最初の社船であるRavennaを就航させた。1948年、同社最初の客船であるAnna Cを就航させ、Genoaから南米まで船客を運んだ。1997年、Costa Cruisesは米Carnival Corporationと英Airtours plc.に買収され、その3年後、2000年に米Carnival Corporationが完全にその傘下におさめた。

コスタクルーズはとりわけ欧州を主ターゲットとしており、欧州、とりわけイタリア人の好みに合わせたサービスが提供されている。フリートを構成するほとんどの船は、一部の例外はあるものの、基本的によくメンテナンスされて清潔さも行き届いている。最近はCosta ConcordiaおよびCosta Clasica, Costa Allegraの事故を受けて、安全性が非難されたが、会社としても意識が大きく変革されたものと期待したい。

コスタクルーズのクルーズは元気で活発なイタリアの雰囲気。イタリア人クルーは全体の数こそは少ないものの、大勢のオフィサーはイタリア人である。元気で騒々しくのんきな・・・そんなイメージがコスタの船には流れている。ドレスコードは基本的にカジュアル、フォーマルナイトでもそれほど厳しくはない。ある記事はコスタクルーズはパーティー好きにはもってこい、ただし静かで落ち着いた時間をすごしたければ耳栓を・・・しかもいい耳栓を持参するようにとアドバイスしている。

欧州および地中海クルーズでの英語の使用率は低く、イタリア語、スペイン語、フランス語、ドイツ語が使われている。さらにカリブ海クルーズでは大勢の乗客がスペイン語を話す。乗客の割合としては家族での利用が多く、ホリデーシーズンであれば大勢の子供たちが家族で乗船する。またーロッパクルーズではクルーズの始まりと終わりが明確ではなく、ほぼすべての港でいろいろな乗客が乗下船を繰り返すシーンが繰り広げられるため、乗客皆が一体化してひとつのクルーズを楽しんでいる雰囲気は少ない。また個人で各港を散策するための情報が少なく、船側の準備した団体ツアーに参加することに抵抗を感じる人には不便に感じることもあるようだ。

[5] 「すずらん」、「すいせん」、いよいよ就航 [その他] [pid: #224]

by idyllicocen
2012-06-05 23:57:03 (aid: #365)

新日本海フェリーの新造船「すずらん」が6月20日、「すいせん」が7月1日、敦賀-苫小牧航路へ就航する。就航を記念してyoutubeに就航記念ムービーが公開されている。

Total Articles: 5